エヴァで有名なスタジオカラーの場所はどこ?アニメスタッフも募集中!




こんにちは。SUIKAです。
とうとう2020年での公開が発表された「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」。7月にYouTubeで特報が公開されるや否や、一ヶ月足らずで再生回数は既に300万回を超えています!

そんな大人気のエヴァを作っているのが「スタジオカラー」株式会社カラーのアニメーション制作スタジオの呼び名になります。

未だ根強い人気を持ち続ける、エヴァが生まれる会社について調べてみました!

スタジオカラーの住所は?会社の概要を徹底調査!

庵野秀明が創立

元々のエヴァの生まれ故郷である「ガイナックス」を、エヴァの監督である庵野秀明がいろんな大人の事情により離れ、2006年5月に創立したのが株式会社カラー。同年9月には新劇場版エヴァを制作する為に、アニメーション制作部門のスタジオカラーが設立されました。
もちろんカラーではエヴァ以外のアニメも制作しています。

代表取締役社長はご存知庵野監督、取締役に安野モヨコ、相談役に貞本義行など他にもそうそうたるメンツが揃っています。

スタジオカラーの所在地

住所は東京都杉並区松庵3丁目35-18

JR西荻窪駅の目と鼻の先にある好立地。ですがどこのアニメ制作会社も同じだとは思いますが、スタジオカラーも例に漏れず「え?ここがそう?」みたいな建物構えです。

杉並区には100社以上ものアニメ会社が乱立していて、「杉並アニメーションミュージアム」なるものまで存在しています。ある意味アニメの聖地ですね。

「アニメの制作現場を良くしたい」

アニメの制作業界は、恐ろしいほどに薄給で長時間労働なブラック環境が当たり前の世界です。庵野監督はカラーを設立した当初から、その問題に向き合っています。

「スタッフにはなるべく利益を還元したい、業界全体は無理でも、自分の手の届く範囲は何とかしたい」と様々な事に取り組んでいます。神様かな?

アニメを愛する人ならば、「庵野監督の元で働きたい!」となりそうですね。

ちなみに募集、今してますよ。

エヴァが作れるチャンス!?カラーでは制作スタッフを募集中

数ヶ月前ネットで「新劇エヴァのスタッフを募集しているらしい!」と話題になりました。カラーの公式サイト覗いてみると、現在も絶賛募集中のようです。

募集部門は3つ

現在募集しているのは劇場版エヴァのスタッフのみで、

・システム、アプリケーションエンジニア
・デジタル部2D3DCGIスタッフ
・デジタル部VFXスタッフ

の3職種です。どれも年齢・経験共に不問のようなので、実力さえあればあなたが「エヴァを作る人」になれるかもしれません!

エンジニア部門はマイナビ転職に掲載中!

エンジニア部門の雇用形態は契約社員、デジタル部門は契約社員・または業務委託になるようです。エンジニア部門に関しては大手求人サイト、あのマイナビ転職に細かく詳細が載っています!

福利厚生の中には「映画鑑賞料全額補助」なるものがあるんですけど、「勉強の為に見る映画料は出すよ!」って事でしょうか?
後々レポート提出とかあるのかな?

気になるお給料は?

最後に生きていく為には切り離す事が出来ないお金の話を。
エンジニア部門は年俸制で300万〜650万(経験・能力により決定)、デジタル2D3DCGIスタッフは21万〜、デジタル部VFXスタッフは18万〜(いずれも能力次第)のようです。普通の仕事とそんなに変わらない感じですね。

まとめ+こぼれ話。

という訳で今回は、スタジオカラーについて調べてみました!
ちなみに最近知り合いから聞いたんですが、その知り合いの知り合い(遠い)が正にエヴァの制作スタッフだったようで、(エヴァの「破」なんか作ったらしい)。
仕事自体は本当にメッッッッッッッッッッッッッッッチャクチャ大変だったらしいです。
でも好きでとにかくやりがいがあったから、頑張ってらっしゃったそうですよ。

名前聞くの・・・忘れてたな・・・

ではまた〜。







コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

書いてる人:SUIKA 東京都在住。 好きな食べ物:スイカ 幼少期から、テレビやマンガをこよなく 愛して止まない人。 『楽しく・分かりやすく』をモットーに、 今だ興味が尽きない様々な 芸能人・メディアの話を沢山書いてまいります。